2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

"Otasaru" ハンドメイドアンプ

  • Otasaru PtoP アンプ (2)
    マイフレンドの otasaru さんのお知り合いに作って頂いたアンプのご紹介。
無料ブログはココログ

« Light in The Dark | トップページ | B&G ギターズ »

白のチャーリー

数日後に発売されるヤング・ギター誌。SRVの大特集らしい。


"YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2017年 09月号"
71whgidjkjl
http://youngguitar.jp/yg/yg-201709


"YGが行なったSRVの全インタビューを再掲載! " …まじ? どれ位の量なのかは判らないけど、これは読みたいぞ p(^^)。

そう言えばYGって基本HR/HM寄りの雑誌だけど、SRVが表紙になった事は今まであったのだろうか? でも、初めて私がSRVを知るきっかけとなったのが、YGでアルバムを名盤として紹介していたからなんだよね。懐かしい。改めてYGには感謝です。


"Life Without You"

https://www.youtube.com/watch?v=ijDE1GiLvws


ほぼ10分とかなり長めですが、スロー・ブルースを一曲。ここで使われているギターが今回の日記のタイトルともなっている "Charley"。この曲ではこのギターを使う事が比較的多いみたい。ギター製作者のCharley氏に向けられた曲らしいです。

トレモロレス仕様にリップスティックPUと言う事もあり、SRVの他のギターとはちょっと音が違う感じ。ファットさよりもトレブリーさが印象に残る。でも、こう言う新しいギターでも唯一無二のSRVトーンである事は何も変わりませんね。

SRV、貴方が天国へ旅立ってもうすぐ27年。ずっと貴方を愛し続けています。


STEVIE RAY VAUGHAN AND DOUBLE TROUBLE "SOUL TO SOUL"
61xnzgnq94l
https://www.amazon.co.jp/Soul-Stevie-Ray-Vaughan/dp/B00000ICN7

« Light in The Dark | トップページ | B&G ギターズ »

コメント

太郎 さん


お~、15年近く前ですか。確かにギタマガは色々試行錯誤している感は強いです。雑誌全般かもしれませんが。

四半世紀以上経ちましたね。私は学生…と言ってもまだまだ子供でした。リップスティックはダンエレクトロの物だったと思います。なんか、ローズ指板のギターなのにメイプルワンピースのような音に聴こえます。

スライドやロックンロール、ジャズっぽいプレイには相性が良いかもしれません (^^)q。

03年に表紙になってますね。その号持ってます。
ギタマガが正直、売れ線に行ってるので
ギタマガが独占してたフィールドに手が出せてますよね。
旅立ってから早いですよね、月日が経つの。
読売新聞に小さくですが訃報がニュースに乗りました。
そう、リップスティックのを使ってましたよね。
ホント意外でしたが、あのピックアップ好きな人は
魅惑から抜けられないと聞きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589325/65624637

この記事へのトラックバック一覧です: 白のチャーリー:

« Light in The Dark | トップページ | B&G ギターズ »