2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

"Otasaru" ハンドメイドアンプ

  • Otasaru PtoP アンプ (2)
    マイフレンドの otasaru さんのお知り合いに作って頂いたアンプのご紹介。
無料ブログはココログ

« Seymour Duncan Convertible | トップページ | 沖縄を守ろう 2 »

春のラヴ・ソング

3月辺りから? この曲を良く耳にする。


chay "恋のはじまりはいつも突然に"


https://www.youtube.com/watch?v=J3U2JU34Jas


可愛らし過ぎるルックスや歌詞の世界観はちょっと苦手なのだが (好きな方ゴメンなさい ^^;)、イントロのフレーズやアレンジ、使われているkeyやコードなどがとても好きで、ついつい聴いてしまう。

作詞: いしわたり 淳治、作曲: 多保 孝一、編曲: 島田 昌典 と、ちょっと調べてみるとやはり皆それなりのキャリアをお持ちのようだ。人気が出るのも頷ける。ビジネスベースの音楽でも、こういうのは良いんじゃないかな? と素直に思えたりして。春にピッタリ ^^ 。


Chay "KOINO HAJIMARIHA ITSUMO TOTSUZENNI"

511zlzbub3l_ss500_2
https://www.amazon.co.jp/dp/B01NAPNJYC/ref=ap_ws_tlw_alb1

« Seymour Duncan Convertible | トップページ | 沖縄を守ろう 2 »

コメント

side さん

ほほ~、そうなのですか。サブカル系のご趣味? をお持ちなんですかね。貴重な情報ありがとうございます。

うん、確かにこういう曲のアレンジはどこまでで終わらせるかは悩むでしょうね。私がやったとしても、必ず第三者には意見を聞いてみたいと思うでしょう。
ギターは無くても成立しますね。私なら…普段からギターを弾くので、やっぱり入れてしまう気がします ^〇^ 。


太郎 さん

…! 確かに。意識してそうな気はしました (^^)b。

結構凝った創りは仰る通り、'80年代ポップスを思い起こします。詩も丁寧に書いてあるなぁ…と感心しました。実力者達のコラボだったのかな? なんて。
こういう現場は楽しそう。正に音 "楽" だったんじゃないかな~と、想像してしまいます♪

イントロが「木綿のハンカチーフ」のような・・・。
私は初めてこの曲と歌い手さんを存じないのですが
可愛らしいルックスは大歓迎・・かも(汗)
特にイントロを始め80年代の
「シティーポップ」のようですねぇ。
ただ、所々現代風の歌メロというか同じ言葉を
二回リフレインする歌いまわし等も入っていますね。

作詞のいしわたり氏は
ブログでバカ画像を収集している
天才です( ゚д゚)ウム

曲は星野源にも似たまさに売れ線ですが
嫌味手前で抑えてて素晴らしいアレンジだと
思います。
ギターはむしろいらないのではくらいに
感じますね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589325/65156819

この記事へのトラックバック一覧です: 春のラヴ・ソング:

« Seymour Duncan Convertible | トップページ | 沖縄を守ろう 2 »