2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

"Otasaru" ハンドメイドアンプ

  • Otasaru PtoP アンプ (2)
    マイフレンドの otasaru さんのお知り合いに作って頂いたアンプのご紹介。
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

Xperia Z2 (D6503) OS変更 (完結篇)

(前回 http://es335tdc.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/xperia-z2-d6503.html からの続き)

8. OS ファイルの書き換え (ROM 焼き) (続き)
前回までの工程を済ませたら、画面右下の "Flash" ボタンをクリックします。画面が変移し、下記のような表示になります。


_20161029_e_2

そして更に下記の画面が表示された所でPCにUSBケーブルを接続し、電源をオフにしたXperiaを音量を下げるボタンを押しながらそのUSBケーブルの逆端に接続します。


_20161029_f

するとサーッとログが流れ始め、OSファイルの書き換えが始まります。下記画面の通り、 "... Please unplug and start your phone" と表示されたらUSBケーブルを外し、Xperiaを起動して下さい。最初の起動時には波打ちのような画面がちょっと長く表示されますが、暫く待つと初期設定画面が表示されます。これでOSダウングレード、完了です! (^^)v


_20161029_g

私は格安SIMを使用していますので、この後SIMの設定をしてアプリを再インストールし、とても快適に使用出来ています。何回かOSの入れ替えを行いましたが、結局Android 5.1.1で私の場合は落ち着きました。このバージョンが好みにあっているんでしょうね。


参考サイト
http://micachi.blog.jp/archives/2016_04_10_%E3%80%90ROM%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%80%91%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%89%88Xperia+Z2+Android+6.0.1%E3%82%92SO-03F%E3%81%AB%E7%84%BC%E3%81%8F.html
https://androplus.org/Entry/135/


9. 補足
・OSファイル書き換え時にエラーが表示される場合
原因は複数考えられるので全ては把握していませんが私の場合、最初のチャレンジ時に赤い文字で "ドライバがインストールされてませんで~。ドライバはここにありまっせ~。" みたいな表示が出ました。

その際は、 <C:\Flashtool\drivers> にある "Flashtool-drivers.exe" をダブルクリックしてドライバをインストールし、再チャレンジすると上手く行きました。尚、ドライバのインストールは自分の対象機種だけを選んでインストールしたのですが何故か再度同様のエラーが出た為、面倒になって結局全てのドライバをインストール (と言っても出来ないものもありましたが) しました ^^;)。


・海外キャリア版のOSに書き換え、日本語入力用IMEが入っていなかった場合
これは既に記載しましたが、GooglePlayで "Google 日本語入力" や "Wnn Keyboard Lab" をインストールすれば特に問題は無いでしょう。但し、信頼出来る物を選んで下さい。

参考: http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1312/26/news108.html

Google 日本語入力は変換センスについてはなかなか賢いと思うのですが、キーボードがあまり使い易くない印象でした。Wnn は逆で、変換はそれほどでもありませんがキーボードが使い易く、数種類選べるスキンに好みの物もあり、私は結構好きでした。

日本語入力用IMEは、今まで使った中ではATOKベースの物が一番良かったな~と思います。ま、好みですね d(^^)。

Xperia Z2 (D6503) OS変更 (その6)

(前回 http://es335tdc.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/xperia-z2-d6503.html からの続き)

8. OS ファイルの書き換え (ROM 焼き)
いよいよ、実際のOS変更作業です。FTFファイルをFlashtoolで作成せず、インターネットからダウンロードされた場合は C:\Users\<使用中のユーザ名>\.flashTool\firmwares にコピーして下さい。そしてしつこいですが、注意事項です。

・OSの変更作業 (バージョンダウン) は保証範囲外です。また、バージョンダウンはセキュリティ的な観点ではおススメ出来る物ではありません。実施は自己責任にてお願い致します。機器破損 等のトラブル (滅多にある事ではありませんし、私自身は一度もありませんが) が起きる可能性も0%ではありません。

・国内版の Xperia Z2 SO-03F 等に海外版のROMを焼く場合の注意ですが、VoLTEは使えなくなるそうです (通話は3Gになります)。同様に、おサイフケータイやワンセグ 等も使用は出来ません。


それでは作業に入りましょう。Xperia側で通話を3Gのみに設定して電源をオフにします (設定 > その他の設定 > モバイルネットワーク > ネットワークモード: 海外版 D6503は関係無いと思いますが、私は元々3Gのみにしていたので念の為)。


_20161029_2

"File" の右下にある稲妻マークをクリックすると、ポップアップが出て来ます。 "Flashmode" がチェックされていますので、そのまま "Ok" をクリック。


_20161029_c3_2

すると、こんな画面が開きますので、機種名の左の > をクリックして展開し、対象のファーム (上記は 23.4.A.1.264) を選択します。右側に Content とチェックボックスが表示されます。
※複数のファームがPCにある為、この画面では幾つか選択肢が表示されています。

これらの意味は こちらのページ 等、ネットで探せば情報は出て来ます。OSをバージョンダウンする場合は、上記/下記画面の通りチェックを入れれば良いでしょう。


_20161029_d3_2

・Wipe の下にある Sin/APPS_LOG, Sin/USERDATA, Misc TA/CUST-RESET は必ずチェック。忘れると、OS書き換え後に機器が正常起動しないトラブルが発生します (因みに、OSをバージョンアップする場合は必須ではありません。必要に応じて選択すれば良いでしょう)。
・Exclude の下にある Sin/AMSS_... の3つは旧バージョンFlashtoolの BASEBAND に相当します。こちらも必ずチェックしましょう。
・Exclude の下にある Sin/PARTITION も基本的にチェックを入れます。海外版機種に海外版ROM、国内版機種に国内版ROMを焼く場合は良いのですが、国内版機種に海外版ROMを焼く場合は必須です。チェックを入れないと、内部ストレージが32Gから16G扱いになってしまいます。


参考サイト
http://micachi.blog.jp/archives/2016_04_10_%E3%80%90ROM%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%80%91%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%89%88Xperia+Z2+Android+6.0.1%E3%82%92SO-03F%E3%81%AB%E7%84%BC%E3%81%8F.html
https://androplus.org/Entry/135/

(次回 http://es335tdc.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/xperia-z2-d65-1.html に続きます) 

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

世界時計

週間天気

Android 最新 news

  • ITmediaFX Androidアプリ.com

J-WAVE

Twitter