2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

"Otasaru" ハンドメイドアンプ

  • Otasaru PtoP アンプ (2)
    マイフレンドの otasaru さんのお知り合いに作って頂いたアンプのご紹介。
無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

久々に聴いたら

何気に良かったんです。この2曲が。曲自体は割と最近の曲なので、久々に…と言うのはそのアーティストを…と言う事です ^^)。


Sting "I Can't Stop Thinking About You"

http://www.youtube.com/watch?v=ZtEIuz71tEk


スティングって、やっぱり何処かお洒落で男前で…と言うイメージがあるのですが、めっちゃ男らしいストレートなロックになってますね。個人的にはこっちの方が好きだったりして。


Green Day "Still Breathing"

http://www.youtube.com/watch?v=pnTZa4FY_7I


そして、グリーン・デイ。私、全然知らないんです。かろうじて名前を知っていて、昔友達に聴かせてもらった事がある程度。元気いっぱいな男の子向けのパンク? みたいな印象で。その時とは全然感じが違います。


STING "57TH & 9TH"
81fumrkrbl_sl1200_
http://www.amazon.co.jp/57TH-9TH-Super-Deluxe-DVD/dp/B01LA0M5UG


GREEN DAY "REVOLUTION RADIO"
91ugw8azu5l_sl1500_
http://www.amazon.co.jp/REVOLUTION-RADIO-GREEN-DAY/dp/B01JZLQ094

Xperia Z2 (D6503) OS変更 (その5)

(前回 http://es335tdc.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/xperia-z2-d65-1.html からの続き)

6. Flashtool の起動/ファームウェアのダウンロード
インストールしたFlashtoolを起動します。恐らくスタートメニューに出て来ると思いますが、無ければ C:\Flashtool の中にある FlashTool か FlashTool64 をダブルクリックします。私のPCは64bit版OSなので、 FlashTool64 の方です。"ユーザアカウント制御" のダイアログが出ますが、もちろんこれは "はい" で構いません。


"Flashtool の起動画面"
_20161113_2_2

暫く待つと上記のような表示でログメッセージの出力が止まります。"Help" の右下にある黒い "XF" アイコンをクリックして XperiaFirm を起動しましょう。


"XperiaFirm の起動画面"
_20161113_d2

上記画面の左側の一覧からご自身のXperia機種名 (私の場合なら Xperia Z2) をクリックすると、更に細分化表示になります。ここで機器の型番をクリックすると、右側にダウンロードできるファームウェアの一覧が表示されます。尚、機器型番は私の場合はD6503、ドコモ製の場合はSO-03Fです。


_20161113_f2

右上の "Check All" をクリックして暫く待ち、 "Latest Firmware" をクリックしてソートしたのがこの画面です。自身がダウンロードしたいファームをこの中から選びます。ここではイタリアのTIM IT版のAndroid 5.1.1 (23.4.A.1.264) を選んでいます。
ペルーのMovistar PE版の23.0.1.A.0.167ならAndroid 4.4.4です (この辺りはネットで調べれば、どのファームがどのOSに該当するかは直ぐ出て来ます)。

ただし、個人的にはOperator欄で "Customized ..." のファームの方がおススメです。素のAndroidに近いです。上記のイタリア版やペルー版は所謂現地のキャリア提供版なので、余計なアプリが入っていたり逆にソニー提供の日本語入力用IME PoBoxが入っていなかったりします (まあ、日本語入力用IMEは他の物であればGooglePlay 等から無料入手は可能ですが)。

※つまり現時点ではFlashtoolを用いる場合、4.4.4/5.1.1のCustomized ... バージョンのダウンロードは出来ません。但しインターネット上で探せば、それらのFTFファイル (後述) は割と簡単に見つける事は出来ます。ご自身のご判断で決めて下さい。


_20161113_h

先ほどの画面で右端にある "Available Firmware: " の下の表記をクリックすると、該当ファームのダウンロード確認ダイアログが出ます。 "Download" をクリックして開始すると上記のような画面になります。ダウンロードするファームのサイズ/ご自宅の回線帯域に依りますが、1時間以上かかる場合もありますのでのんびりと待ちましょう。

※ちなみに、上記の画面では私が今後購入するかもしれない Xperia X Compact 用のファームを、コレクションの為にダウンロードしています。Z2とは直接関係ありませんので、その点はご注意を ^^ 。


7. FTF ファイルの作成
_20161113_i


無事にファームのダウンロードが終わると、上記のような表示に変わります。右下の "Close" をクリックして閉じましょう。


_20161113_j2

更に、戻ったこちらの画面も右上の "×" をクリックして閉じてしまいましょう。すると、 "A FSC script is found: default .fsc. Do you want to add it? " と言う確認が出ます。 "はい" をクリックするとFlashtoolでログメッセージが表示され始め、自動的にFTFファイルの作成が始まります。最後に "Torrent file creation finished" と表示されればFTFファイル完成です。

※XperiaのOSバージョン変更には、このような過程を経て作成されるFTFファイルが必要になります。上述した通り、このFTFファイルはインターネット検索をすればXDA 等のサイトでもダウンロードする事が可能です。目的のFTFファイルがあれば、ファームのダウンロード/FTFの作成はしなくても構いません。


参考サイト
http://micachi.blog.jp/archives/2016_04_10_%E3%80%90ROM%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%80%91%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%89%88Xperia+Z2+Android+6.0.1%E3%82%92SO-03F%E3%81%AB%E7%84%BC%E3%81%8F.html

(次回 http://es335tdc.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/xperia-z2-d6503.html に続きます) 

J. RAD "Lenny"

正直言って現在、エフェクターそのものに興味が無かったのだが…。たまたま見かけたこのペダル、凄く気になっている。


J. Rockett Audio Designs "Lenny"
Lennyproduct

https://rockettpedals.com/product/lenny/


このメーカーの名前自体も初めて聞いた。だが、なんだかまるで私の好みを解ってくれそうなメーカーのようにさえ感じる。製品名の "Lenny" は言うまでも無く、SRVのあの名曲からだろう。音を聴くまでは大した期待もしていなかったのだが、この動画を見てちょっと驚いてしまった。


"Lenny" Pedal Review

http://www.youtube.com/watch?v=qDEadpqG7XY


こういう音は、中に真空管でも内蔵していないと出せないのでは? と言う感じもするのだがどうなのだろう。HPでも特にそのような記載は見当たらない。ONにした途端に音が激変する類のペダルではないが、この色気/空気感…見事だ。トーンを絞った時の丸みのある音が特にお気に入り。

分類上クリーンブースターとの事だが、結果的にコンプレッサー/プリアンプに近い立ち位置にもなる。これ、買っちゃおうかな…。国内で買うとどうしても高くなるから、海外から直接買った方が良さそう (^^)q。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »