2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

"Otasaru" ハンドメイドアンプ

  • Otasaru PtoP アンプ (2)
    マイフレンドの otasaru さんのお知り合いに作って頂いたアンプのご紹介。
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

Xperia Z2 (D6503) OS変更 (その4)

(前回 http://es335tdc.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/xperia-z2-d6503.html からの続き)

4. Flashtool のダウンロード
さて、ここからが本番と言って良いでしょう。同時に、何か不測の事態が起こっても自己責任となります。この点についてはご承知おき下さい。OSの変更 他、Xperiaの様々なカスタマイズに必要不可欠と言えるFlashtoolをダウンロードします。

http://www.flashtool.net/downloads.php

上記のリンクの中にある "Latest release" からWindows用を選んでクリック。次に "Uploaded.to" へのリンクをクリックします。関係のないウィンドウが開いたりしますが、閉じてしまいましょう。

Photo_2

画面上の "Free Download" をクリックし、しばし待ちます…。30秒ほどのカウントダウンが終わり、 "... Download is Ready ..." のような表示が出たら右にある "×" をクリック。

すると、 "テキストを入力" 欄が表示されますので、上に出ている画像の文字を半角英数字で入力します。そして、その下にある "Download" をクリック。ようやくダウンロードが始まります ^^;)。
※ファイルサイズが150MB近くありますので、ダウンロード完了までに回線によっては30分前後かかる場合も。

尚、ダウンロードしたファイルは改竄 等が無い事を確認する為、ハッシュ値を表示してダウンロードページに記載されている値 (私は EE0461D9340278CE4DF44EEBA6DCF752 でした) と同じかを確認し、ウィルス対策ソフトでスキャンしておくとより良いでしょう。


5. Flashtool のインストール
ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックしてインストールします。全て英文ですが、 "Next" をクリックしていくだけで問題はありません。


参考サイト
http://xinroom.net/mobile/win10-flashtool/

(次回 http://es335tdc.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/xperia-z2-d6503.html に続きます) 

ブルー・スノー

9月のシルバー・ウィークに、笹倉 鉄平さんの原画展に行って来ました。確か、昨年も同じ場所で開催されて行っていたのですが、やはり良い物は何度見ても良いと言う事を実感します。


"セトル鉄道駅"
160414_sasakura_002
http://railf.jp/event/2016/08/22/060000.html


※こう言うのは個人のブログに画像を紹介しても良いのか? と迷ったりするのですが、全て正規のサイトで公開されている物なら良いだろうと判断し、載せています。


"リューネブルク"
663luneburgw500
http://www.kaigakan-teppei.net/pm/information/info20160826.html


私は鉄平さんの'90年代の作品が特に好きなのですが、2000年代や近年の作品も魅力的な作品ばかりです (殆ど好き ^^)。今回、画集も買ってしまいました♪


"ボーデン湖からライン河へ"
0658bodenseew560_2
http://www.kaigakan-teppei.net/pm/information/info20160826.html


どうしてもPC用の画像ファイルだと黄色みが強くなってしまったり、青みが強くなってしまったりしてしまう事もありますが、それでも素晴らしいとしか言いようがありません。何故あんなに美しい灯りを描けるのだろう…? 絵心の欠片も持ち合わせていない私にとっては雲の上のような存在です。


"ブルー・スノー"
574blue_snow
http://www.teppei.net/new_release_info/blue_snow.html

Xperia Z2 (D6503) OS変更 (その3)

(前回 http://es335tdc.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/xperia-z2-d6503.html からの続き)

2. Xperia Companion のインストール
続いてはデータのバックアップ 等も可能なXperia CompanionをPCにインストールしておきます。

http://www.sonymobile.co.jp/support/software/xperia-companion/

上記リンクからダウンロードしてインストールします。特に迷う所は無いと思います。


Xperiacompanion04
http://xperia-freaks.org/2016/03/12/xperia-companion/


Xperia Companionを起動した状態でXperiaをUSBケーブルでPCと接続します。ややこしい事にWindowsの "モバイルコンパニオン" と言う似たような名前のアプリも立ち上がるのですが、無視で構いません。ウィンドウを閉じてしまいましょう。

すると上記のような画面が表示されますので、Xperia側で "ファイルの転送 (MTP)" を選択します。認識されると、PCからエクスプローラのようにXperiaの内部ファイルを閲覧したり、データバックアップをする事が可能になります。必要に応じてバックアップを取っておくと良いでしょう。

※尚、私も一応バックアップはしたのですが、そのバックアップを用いた復元機能は結局使用しなかった為、どの程度のバックアップをしてくれるのかは解っていません。念の為。もっとも、バックアップは他にもやり方は色々ありますが…。


3. ADB ドライバのインストール
そして次に一旦XperiaをPCから外し、Xperia側で "設定" ⇒ "開発者向けオプション" から "USBデバッグ" をONにして再度USBケーブルでPCと接続します。これでPCにADBドライバがインストールされます。

※"開発者向けオプション" はデフォルトでは表示されていません。"設定" ⇒ "端末情報" の "ビルド番号" を連打すると表示されるようになります。

ここで一旦動作確認を。PC側でコマンドプロンプトを起動して "adb shell" と入力し、Enterキーを押します。"* daemon started successfully *" 等の表示と共に$マークのプロンプトが表示されればOKです。
ここで "device not found" と表示が出る場合はドライバが正しくPCにインストールされていない事が殆どだと思いますので、再チャレンジしてみましょう。


参考サイト
http://xperia-freaks.org/2016/03/12/xperia-companion/
http://www.teradas.net/archives/9931/
http://app-roid.com/blog-entry-736.html


(次回 http://es335tdc.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/xperia-z2-d65-1.html に続きます) 

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »