2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

"Otasaru" ハンドメイドアンプ

  • Otasaru PtoP アンプ (2)
    マイフレンドの otasaru さんのお知り合いに作って頂いたアンプのご紹介。
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

B. アダムス チケット入手!

来年1月の来日公演チケット、ゲットしました♪ v(^^) 今から楽しみです。


Bryanadamsw690
http://udo.co.jp/Artists/BryanAdams/index.html


そう言えば去年アルバムが出ていますが、なんか随分ビートルズみたいな感じになっていますね (見た目も ^^)。ギブソン系のギターを持つ姿もあまりイメージが無い。今はこういう音がやりたいのでしょうか。まあ、これはこれで良い感じかな。


"Brand New Day"

http://www.youtube.com/watch?v=isP8pNby39A


ちなみに、ブライアンの曲の中で私が一番好きな曲がこれ。アルバムの中の一曲扱いなんだろうけど。故に、一番好きなアルバムはやっぱり "Cuts Like a Knife"。曲はもちろん、アルバムの長さもこの位が好き。9曲 45分位が一番丁度良いと感じるんですよね。最近のアルバムはどのアーティストも長いのが多くて…集中力持ちません ^^;)。


BRAYAN ADAMS "cuts like a knife"
51txjfmpu2l_sx425_

http://www.amazon.co.jp/Cuts-Like-Knife-Bryan-Adams/dp/B000002GCX


ライヴではどんな曲を演ってくれるのでしょうか? "What's it Gonna Be" が聴けると嬉しいけどどうかな~。まあ、期待! (^-^)

Xperia Z2 (D6503) OS変更 (その2)

(前回 http://es335tdc.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/xperia-z2-d6503.html からの続き)

さて、まずは事前の準備からです。念の為補足しておきますと、私は下記の作業をWindows 10のPCで行っています。


1. 15 seconds ADB のインストール
※この作業はPCのシステム環境変数に自動でパスを通したりしますので、ご自身で試される際にはお約束ながら自己責任となります。ご理解下さいますようお願い申し上げます m(_ _)m。

こちらのページ の下の方にある各リンク (Google Drive 等) からお好きな物を選んでクリックし、 "adb-setup-1.4.3.exe" ファイルをPCにダウンロードします。ダウンロードした場所には可愛らしいドロイド君の形をしたアイコンが出来ていると思いますので、そちらをダブルクリック。


Http__iimgurcom_mcpoj81
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2588979


お使いのPCによって多少の差異があるかもしれませんが、上記のような画面が表示されます。 (Y/N) の所で "y" を入力するだけでインストールは完了です。

何の為に必要なの? と思われるかもしれませんが、これはWindowsのPCとAndroidの端末をUSBケーブルで接続してWindowsからAndroidを操作する時に必要なADB (Android Debug Bridge) と言うツールをPCに導入しています。

通常ADBを通すためには、AndroidSDKを導入してシステムの環境変数にパスを通す必要がありますが、15 seconds ADBはそれを上記の通り簡単な操作で済ませてくれます。後の工程の為に必要な作業です (但し、この後の作業ではWindowsのコマンドプロンプトを使う事が無い為、実感は沸かないかもしれません)。


参考サイト
https://gintoki-note.blogspot.jp/2014/01/15android-debug-bridge-adbtool.html
http://matome.naver.jp/odai/2141483498742950701

(次回 http://es335tdc.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/xperia-z2-d6503.html に続きます) 

雷鳴

結構前から「イイ音出すな…。」とは思っていたのだが、割かし入って来る情報量が少なく、深くは知れずにいたギタリストがいる。フィリップ・セイス氏。だが、これには久々に脳天をカチ割られるレベルの衝撃を受けた。


Philip Sayce "Aberystwyth"

http://www.youtube.com/watch?v=khkghSLo750


いや、素晴らしい音だ。正に天空から鳴り響く雷鳴のよう。ブルース・ロック好きのギター弾きの方なら、ほぼ全員に同意頂けるのではないだろうか。恐らくこのギター (フェンダー ストラトキャスター) は1962年後期~1964年前期位までのラウンド貼りローズウッド指板の仕様、アンプはブラック・フェイス系…? にエフェクトとしてチューブ・スクリーマー系のブースターも通していそうだ。

SRVの事も大好きそう。だが、それだけではなく、世代的にHR/HMの影響も強く受けているように感じる。もっと早くちゃんと聴いておけばよかった! ^^ 買うぞ、コレ。


Philip Sayce "Steamroller"
51ji7g5bil_sx425_
http://www.amazon.co.jp/Steamroller-Philip-Sayce/dp/B006KAOX7U

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »