2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

"Otasaru" ハンドメイドアンプ

  • Otasaru PtoP アンプ (2)
    マイフレンドの otasaru さんのお知り合いに作って頂いたアンプのご紹介。
無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

SLAVES AND MASTERS

現在、時刻は0時57分。あと3分でリッチー・ブラックモアズ・レインボーのUK公演が始まる。どうも先週から、リッチーの音源を色々と聴いてしまう。懐かしい。ただ、実はそれほどレインボーの作品は持っていた訳ではない。

それなのに、何故レインボーを良く知っているのか? 実は私が15歳でギターを始めた時、「ロックギター 初歩の初歩」のような教本を一緒に買ったのだが、そこに出てくる練習フレーズが…今思うと、殆どレインボー/DPだったのだ ^^ 。よっぽど好きだったんだろうな~。あの本の筆者。まあ小話は置いといて、そんな中で今日はこの作品を取り上げてみようと思う。


Deep Purple "Slaves and Masters"
71zzslsxtul_sl1200_
http://www.amazon.co.jp/Slaves-Masters-Deep-Purple/dp/B000025VC2


一言で言えば異色作。1990年の作品で、ヴォーカルにはジョー・リン・ターナーが参加しているのである。当然ながら、「これ、DPと言うよりもレインボーじゃん。」みたいに言われる事も多い。ただ、私的にはジョン・ロードさえいればその時点でDPかな…と感じる。


"The Cut Runs Deep"

http://www.youtube.com/watch?v=7L-I2yYWFa4


全体的に冷たさを感じる/デジタル臭い…と言うか、泥臭さ/熱さのような物が感じられず、サウンド・プロダクションも好きではない。ドラムもまるで機械のようだ (元々DPの作品には熱さはともかく泥臭さはあまり無いし、音質面で彼らの作品で良いと感じた物は一枚も無いので、好みもあるかもしれない)。

ただ、大人向けのロック作品ではあり、たまに聴く分には「ん~…これはこれで、まあまあ良いんじゃない? 」とも思える、なんとも不思議な作品である。こんなバラードもあり、全編においてジョーの歌唱はなかなかの物だ。


"Love Conquers All"

http://www.youtube.com/watch?v=zWD_cuKKCAM


リッチーはさほど目立つ訳ではないが、所々でキラリと光るフレーズを奏でている。ただとにかく、妙にこの作品は洗練されている。時代的な背景も大きいのだろう。

結局、ジョーはこの作品のみでDPを去り、再びイアン・ギランが戻るのだが、予想通り今度はリッチーが離脱。1995年のリッチー・ブラックモアズ・レインボー再始動に繋がって行く。

盛り沢山の一週間

個人的に、色々あったと感じる一週間でした。

まず、本当に実現したんだなぁ…と思ったのはリッチー・ブラックモアズ・レインボーのライヴ。私よりも15歳位上の世代の方が一番熱狂的なファン層かな? ディープ・パープル、レインボー、今はブラックモアズ・ナイトでロックからは距離を置いていたリッチー・ブラックモアが、 (日本時間で) 昨日/今日ドイツで往年の曲を演奏しました。来週はUKでも行われます。


Monstersofrockrainbow2015poster_638
http://liveland.net/archives/2158


ヴォーカルには新しいロニー、ロニー・ロメロ。あれ? グラハム・ボネット並みに短髪だけど大丈夫? 歳を取ってリッチーも丸くなったんでしょうか ^^ 。YouTubeにアップされている動画を観る限りでは、リッチーのギターも含め正直感動する程のレベルの演奏とは言えないと思います。まあでも、いいじゃないか…ですかね。


もう一つはやはりイチロー選手。日米通算での安打記録更新。私の少ないボキャブラリーでは、とても称える言葉が見つかりません。


"イチロー 4257 安打世界記録達成! "

http://www.youtube.com/watch?v=oboTxSM3rn0


おめでとうございます。同じ時代に生きる事が出来て、本当に嬉しいです。神様に感謝したい。人として、男としても見習うべき点が多過ぎます。ありがとう、イチロー選手。


Van Halen "The Dream is Over"

http://www.youtube.com/watch?v=lkJiSmyksyU

天安門 27年

昨日であの天安門事件から27年。特に香港/台湾の方からのメッセージを、ネット上でも多く目にしました。


"香港 ビクトリアパークでの追悼集会"
Ckex6uqweaat5vl
http://twitter.com/japanavi/status/738898123406245888


私のようなアラ40世代の人であれば、間違いなく記憶に残っている事でしょう。1989年、中国の民主化を求める一般市民を中国軍が弾圧、いや大量虐殺した事件です。1万人以上の尊い命が失われました (※以下は、生々しい画像が含まれます。閲覧注意)。
http://www.taiwanjustice.com/2016/02/16/%E9%A6%96%E6%9B%9D%E7%99%BD%E5%AE%AE%E5%AF%86%E6%AA%94%EF%BC%9A%E5%85%AD%E5%9B%9B%E5%B1%A0%E6%AE%BA%E6%AD%BB10454%E4%BA%BA-20%E5%9C%96%E6%85%8E%E5

現在、当然ながら中国政府はこの事件の被害者を「暴徒」とし、虐殺など無かったと言う白々しいにも程のある情報発信/洗脳教育を行っています。検閲システムのある中国インターネットでは検索も出来ません (20代位の若い世代の中国の方から、「あまり良く知らないんです…。」と言う発言を聞いた事があり、大変驚きました)。また、当時民主化に一定の理解を見せた中国政府の要人などはその後事実上の軟禁状態となり、一生を終えています。


私は日本生まれの日本育ち、生粋の日本人であり、知り合いや家族がこの事件の被害にあった訳でもありません。当時TVを見ていただけです。それでも、どれほど無念だったか、どれほど失望したか…。被害者の事を思うと涙が出そうになります。

私には、今でもこの事件を風化させてはいけないと追悼集会を行う方々を応援する事しか出来ません。中国の未来に希望など無いでしょう。香港/台湾の未来に希望のある事を、そして失われた魂が浮かばれる事を願って止みません。


尾崎 豊 "forget-me-not"

http://www.youtube.com/watch?v=0mwDUWjTf70

« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »